ニンテンドースイッチの音声をbluetoothイヤホンで聞く方法を解説

f:id:suteneko3000:20190501101552j:plain

ニンテンドースイッチの音声を、bluetooth接続(無線)のイヤホンから聴きたいと思ったことはありませんか。
ですがニンテンドースイッチbluetoothのオーディオ機器を音声接続することができません。
不便だけど有線のイヤホンを使うか……と肩を落としている方も多いのでは。
僕も当初は諦めていたのですが、トランスミッターという機器を取り付けるだけで簡単にbluetoothイヤホンで音楽が聴けることを知りました。
それからは、自宅でも外出先でも無線のイヤホンで快適にゲームを楽しんでいます。

今回はその具体的な方法と、おすすめのトランスミッターを紹介します。

もくじ

オススメのトランスミッターはこれ!

まず、ズバリ出しますがオススメのトランスミッターはこれです。

f:id:suteneko3000:20190430204330j:plain

ニンテンドースイッチ対応のトランスミッターは複数ありますが、Amazonのレビューを見ていると

  • すぐに断線する
  • 音声が遅延する
  • ノイズが入る
といった声が多く、ひどい場合は
  • そもそも接続できない
といった、不良品まがいのものまであります。
今回紹介するトランスミッターは、僕が実際に使って断線、ノイズの発生も無く、体感上の音声遅延もほぼないことを確認しました。
注:あくまでも僕の環境では、なので100%の保証はではありません。
ただ、やはりその分お値段は他のトランスミッターより二回りほど高めに設定されています。
 
では早速この商品を使って、実際にbluetooth接続方法をやってみます。
なお、この商品を使う場合
  • 「携帯モード」
  • 「TVモード」
bluetoothイヤホンを聴くことができますが
  • 「テーブルモード」
では使うことができません。
その理由は、これから解説する接続方法をお読みいただければ分かると思います。

携帯モードで接続する

ではまず、携帯モードで接続する方法を紹介します。

ヘッドホンを接続する

まずは携帯モードでbluetooth接続のヘッドホンを接続してみます。

f:id:suteneko3000:20190103010211j:plain

最初に、トランスミッターをこのように分離し、USB Type-Cの接続端子を露出させます。

f:id:suteneko3000:20190430212459p:plain

そして、ニンテンドースイッチのUSB Type-Cの接続部分に、トランスミッターを差し込みます。

f:id:suteneko3000:20190430213021j:plain

差し込んだら、ニンテンドースイッチの電源をONにします。すると、トランスミッターの青色のランプが点灯します。

f:id:suteneko3000:20190430205057j:plain

次にヘッドホンをペアリングモードにします。

f:id:suteneko3000:20190430205154j:plain

ペアリングモードになったら、トランスミッターのこのボタンを長押しします。すると青色のランプの点滅が速くなります。

f:id:suteneko3000:20190430205750j:plain

少し経つと接続が完了し、ヘッドホンから音声が流れます。

(当然、スイッチ本体のスピーカーからは音声は流れません)

f:id:suteneko3000:20190430224224j:plain

※今回ヘッドホンを使っていますが、イヤホンでも基本的にやり方は同じです。

ワイヤレススピーカーを接続する

このトランスミッターで接続できるbluetooth機器は、なにもイヤホンやヘッドホンだけではありません。
bluetooth対応のワイヤレススピーカーも接続することができます。

f:id:suteneko3000:20190430231533j:plain

TVモード用にPC用モニターなどを使っている場合、モニター内臓のスピーカーは音質が良くない場合もあります。その場合はbluetoothスピーカーに接続して音声を取るのがおすすめです。
やり方は基本的にヘッドホンと同じです。
ニンテンドースイッチ本体にトランスミッターを取り付け、スイッチの電源をONにします。
スピーカーの電源を入れて、ペアリングモードにします。

f:id:suteneko3000:20190430213524j:plain

最後に、トランスミッターのボタンを長押しします。

f:id:suteneko3000:20190430205750j:plain

少し経つと、ワイヤレススピーカーから音声が流れます。

f:id:suteneko3000:20190430225246j:plain

TVモードで接続する

次にTVモードでの接続方法を解説します。
TVモードの場合はニンテンドースイッチ本体のUSB Type-Cの接続部分がふさがっているので、ドックの方にあるUSB A端子の接続部分を使って接続します。

ヘッドホンを接続する

まず、トランスミッターをUSBケーブルがつながってる方につなぎます。

f:id:suteneko3000:20190430214025p:plain

次に、ニンテンドースイッチのドックのUSB A端子部分に端子を差し込み、スイッチ本体の電源を入れます。

f:id:suteneko3000:20190430221427p:plain

f:id:suteneko3000:20190430221510j:plain

ヘッドホンの電源を入れ、ペアリングモードにします。

f:id:suteneko3000:20190430210225j:plain

最後にトランスミッター本体のボタンを長押しし、少し経つとヘッドホンから音声が流れだします。

ワイヤレススピーカーを接続する

次にワイヤレススピーカーの接続方法を解説します。

当然ですがやり方は同じです。

ニンテンドースイッチのドックのUSB A端子部分に端子を差し込み、スイッチ本体の電源を入れます。

そしてワイヤレススピーカーの電源を入れ、ペアリングモードにします。

f:id:suteneko3000:20190430210027j:plain

トランスミッター本体のボタンを長押しし、少し経つとワイヤレススピーカーから音声が流れだします。

テーブルモードで接続できない理由

もうお分かりかと思いますが、テーブルモードで今回のトランスミッターが使えない理由は、USB Type-Cの接続部分がふさがってしまうからです。
TVモードと違ってドックにもセットされていないので、トランスミッターを接続する方法がありません。
これは、スイッチ本体を充電しながらテーブルモードで遊べない理由と同じです。
とはいえ、現在はテーブルモードで充電しながらプレイできる専用のスタンドが発売されており、それを使えばテーブルモードでもトランスミッターを使うことができます。

Bluetooth接続ができるとこんなに便利

接続方法の解説は以上です。

ところで「ここまでしてbluetooth接続する必要あるか?」と思った方もいるかもしれません。

答えは「メチャクチャある」です。

その理由を説明します。

外出先でクリアな音質でゲームを楽しめる

そもそもニンテンドースイッチがここまで爆発的な大ヒットを記録した大きな要因が「持ち運びができる」ことです。

現代人は忙しく、家でまったりゲームをやる時間なんてないという人が大多数です。

何とか余暇を見付けて家でゲームをやっても、クリアするまで進める時間を取ることができません。

そこで、携帯機として持ち出せるようにし、「TVモード」で家でプレイしたゲームの続きを「携帯モード」で外出先でプレイできるようにしました。

これによって多忙な現代人のニーズに答え、一大ブームを巻き起こしたのです。

つまり、ニンテンドースイッチを購入した人の多くが外出先でゲームをプレイしているはずなのです。

あなたも

  • 飛行機の中
  • 新幹線の中
  • バスの中
  • 公共施設の待合室

こういった環境でゲームをプレイすることが多いのではないでしょうか。

ですがこういった「公共の場」では、スピーカーからゲームの音声を大音量で垂れ流す訳にはいきません。

そこでイヤホンやヘッドホンを使う訳ですが、有線の場合、長いコードが煩わしいことこの上ないです。

誤ってどこかに引っかかり、イヤホンジャックが抜けてゲームの音量が周りに丸聞こえになり赤っ恥をかく恐れもあります。

無線のイヤホンであれば、こういった煩わしさからは解放されて外出先で非常に快適にゲームを楽しむことができます。

スイッチでいくつか発売されている「白衣性愛情依存症」のような萌えゲーも断然いけます。

f:id:suteneko3000:20190203213148j:plain

www.suteneko3000.com

 

当然、外出先だけでなく自宅でゲームをプレイする場合もbluetooth接続は役に立ちます。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」はワイヤレススピーカー一択

例えば「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」のようなゲームは、川の流れ、風の音、鳥の鳴き声などの「環境音」が緻密に表現され、圧倒的にリアルな世界観を創り出しています

これらの「音」は、直接耳に機器を取り付けるイヤホンで聴くよりも、距離が取れて周りから音が発生しているような感覚が得られるワイヤレススピーカーで聴いたほうが臨場感があります。

テレビモードで周りを真っ暗にし、bluetooth接続したワイヤレススピーカーから流れる環境音を聴く。そんな状況でプレイする「ゼルダ」は、まるで自分がハイラルの世界に入り込んだかのような没入感を生み出し、圧倒的なゲーム体験を演出してくれます。

大乱闘スマッシュブラザーズSP」はイヤホン/ヘッドホンで

逆に、「大乱闘スマッシュブラザーズSP」といった、瞬発力が求められる格闘ゲームなどは、イヤホンで音を聴いたほうが良いでしょう。

スマブラSPのファイターの一人、ゼルダ姫の「フロルの風」のような瞬間移動攻撃において、技発生時の「風の音」が耳に届く早さは、ギリギリの戦いの勝敗を左右する要素になり得ます。

距離の離れたスピーカーからの音ではガードが間に合わなくても、イヤホンからの音なら反応できるかもしれません。

ゲームの種類によって最適なオーディオ機器を使い分けて、質の高いゲームライフを送りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
最後に余談ですが、僕はいつもニンテンドースイッチを持ち運ぶ時にこちらのキャリングケースを使用しています。

f:id:suteneko3000:20190430222109j:plain

今回紹介したトランスミッターは、このキャリングケースのポッケにすっぽり入ることを発見しました。

f:id:suteneko3000:20190430222351j:plain

外に持ち運ぶ時もこれで荷物にならないことが分かり、ますます愛用することになりそうです。

www.suteneko3000.com