会社のお昼を一人で過ごすメリット・デメリットを、僕の実体験を交えて語る

f:id:suteneko3000:20171021213711j:plain

僕は毎日会社の昼休みは一人で行っています。

僕の性格として一人が大好きということもあり、休憩する時に誰かが一緒にいると休まらないためです。

ただ、多くの人が「お昼休みを一人で過ごすのって、周りから浮かない?」という不安を抱えていると思います。恐らく本当は一人で過ごしたいにも拘わらず、職場で自分の立場が悪くなることを恐れて、同僚と一緒に行っている人も多いのではないでしょうか。

僕はここ数年一人でお昼に行っていますが、逆にそれ以前は同僚と一緒にお昼に行っていました。両方を体験したので、それぞれのメリット・デメリットも身を持って知っています。今回はそれについて語りたいと思います。

一人で行くメリット

お昼を一人で過ごすのが好きな人であれば自ずとメリットは分かっていると思います。

というか自分が一人で過ごすのが好きというだけなので、メリットも何もないというのが本音です。強いて挙げれば、以下のような点でしょうか。

自由行動ができる

同僚とお昼に行ったからには、食事中に彼らと会話する必要があります。自分一人だけで延々とスマホをいじったり、ましてや読書などすれば「お前なんで来た?」と言われかねません。

その点、一人でお昼に行けば基本的に行動は自由です。僕が一人でお昼に行って実際にやっていることは以下です。

昼寝

ビジネス用語では「パワーナップ」というそうですが、お昼に短時間の仮眠をとることで、午後の生産性は飛躍的に向上するそうです。僕もほぼ毎日昼休みは寝ています。

すっきりして午後の仕事に臨めることを日々体感しているので、間違いなく生産性は向上していると思います。逆に何らかの理由でお昼休みが取れず、昼寝ができなかった時は15時ごろに眠気が襲ってきて、仕事どころではなくなってしまいました。

勉強

社内の昇進試験や、個人的に取得を目指している資格の勉強をすることもできます。

家でやればよいと思われるかもしれませんが、定時で上がれた時はともかく、深夜まで残業した後に勉強をするというのは睡眠時間を考慮してもお勧めできません。勉強というのは毎日行って習慣化するのが重要なので、会社のお昼休みに短時間でも勉強することで「習慣づけ」をすることができます。

一人で行くデメリット

さて、次にお昼を一人で行くデメリットについても書いていきます。

デメリットというか「同僚と一緒にお昼に行くことで得られるメリットを得られない」という言い方が正しいかもしれません。

詳しく書いていきます。

雑談によって培われる信頼感の醸成ができない

 

飲み会などもそうですが、職場以外の場所で同僚と会話をすることで信頼関係が増し、結果として職場での仕事がスムーズに回るという恩恵を受けることができます。実はこれって結構馬鹿にできないメリットなのです。

僕の実体験を話しますが、それまで苦手意識を持っていた厳しい先輩がいました。いつも仕事の報告をしては、至らない点を淡々と指摘されるので、話しかけることでさえ緊張していました。

ところが飲み会で一度その人とプライベートな会話をしてみると、意外と明るい人だということが分かり、同時に僕のプライベートなことも明かしたので、お互いの理解が深まりました。

するとどうでしょう。

それから職場で話しかけると、もちろん仕事のことは厳しく指摘されますが、最後には笑ってくれるようになったのです。これだけで僕は随分と仕事がしやすくなりました。

お昼で毎日少しづつこういった信頼関係を築いている場合とそうでない場合では、長期的に見て仕事のしやすさに大きな差が出てくるでしょう。

情報網が狭まる

オフィス内では多少話し辛いような、周りの情報も昼休みの雑談では飛び出すことがよくあります。実際僕が一人で昼休みに行くようになってしばらくして、同じ部署内の男性が育休に入ることを僕だけが直前まで知らなかったということがありました。

その他にも「誰かと誰かが険悪な関係になっている」だとか「誰かが会社を辞めるやらしい」だとか噂レベルの物から、本来は人事部しか把握していないような人事異動の情報まで持っている人がいる場合があるので馬鹿にできません。

「情報は人につく」と言われていますので、より多くの人と会話することでより多くの情報が手に入ります。これらの情報を持っているだけで、先のことを考えた仕事のやり方に取り入れることができるので、この情報が得られないことは大きなデメリットでしょう。

まとめ

一人で昼休みに行くことも、同僚と行くこともそれぞれ一長一短あります。両方のメリットを受けることは不可能です。ただ、その部署での新参者であれば同僚と一緒に昼休みに行き、ある程度古株になったら一人の時間を優先するなど臨機応変に対応することがよいと思われます。

また、信頼関係などは、仕事をキチンとすることで築くことができます。逆に言えば、いくら昼休みにプライベートな会話を重ねようとも、仕事上の約束を頻繁にすっぽかすようでは信頼など得られるはずもありません。

上述したメリットに関しては、普段の仕事を真面目にこなしていることが前提であることを付け加えておきます。

なお余談ですが、昼休みに「パワーナップ」を取る場合は、くれぐれも寝過ごさないように注意しましょう。寝過ごし防止には、下の記事で紹介した「スマートウォッチ」のバイブレーション機能がお勧めです。

www.suteneko3000.com