一人暮らしでぼっちにも関わらず一度も「寂しい」と感じたことがない僕が実行している、「おひとり様」の楽しみ方

僕が大学を卒業して家を出て働き始めてから早5年が経とうとしています。僕は働き始めてからずっと一人暮らしをしているので、一人暮らしも5年近く続けていることになります。

僕は転勤族で、最初に配属されたのが関西の職場で、既に一度目の異動があって現在は千葉に住んでいます。こんな感じなので、気軽に遊べる友達も周りにおらず、仕事関係の人以外で誰かと話すということはほとんどありません。

ネットサーフィンをしていると、たまに一人暮らしが寂しすぎて実家に帰りたいといった嘆きの言葉が散見されます。しかし、休日も基本一人で行動している、いわゆる「ぼっち」な僕ですが、今までまったく寂しいと感じたことがないのです。

こんな事を言っておきながら、僕は一年前まで毎週末に実家に帰っていた訳ですが、どちらかと言うと両親からの帰ってこいコールに従っていただけでした。

現在ではそれも面倒になって、今は帰っていません。

www.suteneko3000.com

実家に帰らなくなってからさらに一人の時間が増えましたが、むしろ自由な時間が増えてよかっと思っています。

一人暮らしが向いているかどうかは性格にもよるかと思いますが、一人暮らしでまったく寂しさを感じたことがない僕が普段何をしているのかをまとめてみます。

基本的な考え方

まず、僕は人生を生きていく上でひたすら「自分の生活の質を向上させる」ことを考えて生きています。優待目的で株に挑戦してみたり、時間の節約のために自動乾燥機能付きの洗濯機を買ってみたり、ゲーム機でダイエットを試みてみたりといったところです。

このあたりのことは全てブログに書いているので、よかったら読んでみてください。

この他にも面白そうなことには色々と手を出していて、このブログに書き綴っています。こういった事を日々考えていると、「次は何をやろう」とワクワクしてあまり寂しさを感じることはありません。

まずはYoutubeを観てみよう

今、一人暮らしが寂しいあなたが簡単にできるお勧めの行動は「好きなYoutuberをチャンネル登録して、毎日そのチャンネルを観る」ことです。なお、念のために書いておきますが、僕はYoutuberではないので、ここで自分のチャンネルを宣伝する気は毛頭ありません。ご心配なく。

僕がチャンネル登録しているYoutuberは、例えば以下の方々です。

  • ヒカキン
  • はじめしゃちょー
  • シバター
  • 木下ゆうか
  • Forestちゃんねる

上の二人は有名なので知っている人も多いと思います。シバターは、過激な発言は多いものの、映画評などでは鋭い考察を見せることもあり、はっとさせられます。

木下ゆうかさんは大食いのYoutuberで、大量の料理をペロリと平らげる様を動画にして配信しています。彼女のファンの中には、一人暮らしで一人で食事をすることに寂しさを感じていて、毎日彼女の大食い動画を観ながら一緒にご飯を食べている人も多いようです。こんな風にYoutubeを活用している人もいるんだな、と驚きました。

Forestちゃんねるは、ゲーム実況を配信しているYoutuberです。彼の動画の中でも僕が好きなのは「スマブラ実況」です。ただの対戦動画ではなく、相手が思わぬ戦法を使ってきた時には驚きのコメントを入れたり、くだらないミスで自滅してしまった時は某号泣国会議員の嗚咽の声を流すなど、視聴者を飽きさせない工夫を随所にちりばめていて大変楽しめます。

Youtuberはおひとり様上手

さて、僕が一人暮らしで寂しさを感じている人にYoutubeの動画を観ることを勧める訳は、単に動画の面白さで孤独を紛らわそうといった単純な理由だけではありません。それは、Youtuberの生き方に「おひとり様上手」になるヒントが隠されているからです。

以前ヒカキンの動画で聞いたことですが、Youtuberは基本家で一人で動画を撮って一人で編集をしているので、一人でいる時間がとてつもなく長いのだそうです。ヒカキンはあまりにも一人でいる時間が長いことに危機感を感じて、最近では意識して人に会うよう心掛けているとのこと。

僕は一人暮らしで寂しさを感じないと自慢げに書きましたが、仕事をしている週に5日は人と会っている訳です。ところがYoutuberは仕事中も一人なので、僕よりもはるかに長い時間を一人で過ごしていることになります。言ってしまえば、おひとり様のプロです。

圧倒的に一人で過ごしている時間が長いYoutuberですが、例えばヒカキンの動画を観ていると、本当に前向きでよく笑い楽しそうに生きている様子がひしひしと伝わってきます。そんな彼を観て僕も毎日元気をもらっています。

ヒカキンはその動画の中で、あまり人が知らない変わった商品やサービス、お店などを紹介しています。本当に情報に対する感度が高く、僕はそれらの紹介動画を観て「こんな面白い商品があるのか! こんな常識はずれなお店が存在するのか!」と日々未知の世界の存在に驚かされています。

実際にヒカキンが動画で紹介していた商品を購入したことも多々あります。今の僕の生活スタイルはヒカキンを参考にして取り入れたところが多々あり、もはや彼の動画なくして僕の生活は成り立たないほどに依存しています。

ヒカキンが一人でいることが多くても毎日楽しく生活できているのは、常にアンテナを張って様々な情報を取り入れ、先入観を持たずに色々なことに挑戦していく姿勢があるからだと思います。そんな姿は、彼と近い年齢の僕にとって本当に尊敬できるものです。

まとめ

さて、ほぼYoutuberで埋まってしまいましたが、一人暮らしで楽しく生活していくコツは、色んなことに興味を持って飛び込んでみることだと思います。

ちなみに、僕はなにも一人で生活を楽しむことが絶対的に正しいと言っている訳ではありません。僕のように転勤族であっても、すぐに新しい土地で友達を作って休みに一緒に遊びに行くという人もいます。そういう人は恐らく僕と違って非常に人間としての魅力があるのでしょう。

ですが、例え孤独であったも自分を卑下する必要はないということを伝えたかったのです。「ぼっち」という言葉には否定的なニュアンスがありますが、そもそも人の生き方は個人の自由です。常に一人で行動して孤独そうに見えているあの人も、実は色々なことにチャレンジして「おひとり様」の生活を謳歌しているかもしれません。

人付き合いがあまり得意でないのにも関わらず、世間の風潮に流されて無理して誰かとつながり、TwitterFacebookのフォロワー数に一喜一憂している人よりも、「おひとり様」の生き方を突き詰めて日々楽しく暮らしていく人の方が人生は楽しかったりするかもしれません。

あなたが自分の性格をよく理解して、一番楽しいと思える生き方ができることを祈っています。