ニンテンドースイッチが面白すぎて危険を感じた話

長い間品切れの状態が続いていましたが、ここにきて供給が追い付いてきたのではないでしょうか。僕もつい最近ニンテンドースイッチを手に入れました。元々は年末の時間があるときにと思って購入したので、しばらく箱から出さずにしまっておいたのですが、本日ついに誘惑に負けて「ちょっとだけ」のつもりで箱から出して「ゼルダ」のダウンロード版を遊んでみました。

感想は……控え目に言って危険です。

あまりにも遊びやす過ぎる

ニンテンドースイッチは3つのモードでプレイ可能なのですが、自宅で気軽にプレイするには「テーブルモード」が最強すぎます。本体を机の上にポンとおいて、付属のコントローラーをもってすぐにプレイすることができます。

この手軽さがあまりにも怖いのです

これまで据え置きゲームはすべからくテレビにつないで遊ぶものだったので、コードをつないだりする手間が発生して良い塩梅の「プレイ障壁」になっていたのですが、ニンテンドースイッチにはそれがまったくない。いつでもどこでも本体をポンとおいて、そのままプレイできる。

それでいてスペックが携帯機をはるかに凌駕しているので、ゲームの世界にのめり込んでしまいます。これはマジで時間泥棒です

任天堂ネガキャンをするつもりは毛頭ないのですが、ニンテンドースイッチ」はゲーム廃人を量産するのではないかと本気で危惧しています

親が子供のゲームの制限をする理由が分かった

僕は20代も後半に差し掛かろうといういい大人になったので、このゲームの危険さに気が付きましたが、子供だったら際限なくプレイしてしまったことでしょう。子供のころ、親からゲームは1日1時間と厳しく言われていましたが、自己管理のできない子供に親が管理をするのは当たり前だなと思いました。

僕が子供の頃に「ニンテンドースイッチ」を買い与えられてそのままほっとかれたら、メシも食わず風呂にも入らずにプレイし続けてしまうと思います。

年末用に買うなら、年末まで開封するべからず

社会人の皆さんの中には「ニンテンドースイッチを年末にプレイするつもりだけど、年末に手に入るかわからないから今のうちに本体を確保しておこう」と考えている人も多いのではないでしょうか。僕はそのつもりで買いました。

その考えは間違っていないと思います。今現在はクリスマス商戦突入前のインターバル期間のように感じていて、多少手に入りやすくなっていると思うので、今購入しようと考えることは正解です。

ですが、ここで皆さんに伝えておきたいのは「年末用に買ったなら、年末まで開封するな」ということです。ちょっとだけ遊ぼうなんてつもりで開封してしまったが最後、廃人コースに突入する危険性があります。すでに開封してしまった僕は、このまま本体を実家に郵送しようかと本気で考えています。そうしなければ最悪の場合、徐々に睡眠時間が浸食されて仕事に支障をきたす可能性があるからです。

それほどまでに手軽過ぎて面白すぎるのです、このゲーム機は。

僕にとっての本当の恐怖は「スマブラ」のリリース……

僕がスイッチを買った一番の目的は、いずれ発売されると噂されている「スマブラ」をプレイするためです。現在はそれまでの期間お試しで「ゼルダ」をプレイしていますが、お試しのつもりの「ゼルダ」にドハマりしてしまいました。

これがもし「スマブラ」がリリースされてしまったら、どうなってしまうのか。僕は3DS 版のスマブラも購入していて、1日6時間プレイすることも珍しくないほどネット対戦にどっぷりはまっていました3DS 版ですらそうなってしまったのに、それよりもはるかにクオリティが高いことが予想されるスイッチ版を購入してしまったら、リアル廃人確定かもしれません。

ゲームというものは本来人を楽しませてくれるものですが、それは適度なプレイ時間を守った場合です。ですが、面白いゲームほど適度なプレイ時間というものを守らせにくいという矛盾を抱えています。

まとめ

とりとめのない記事になりましたが、今一度僕が伝えたかったことを書きます。

「年末用に買ったなら、年末まで開封するな」

「絶対に開けるな! 開けたら終わりやぞ!」

多少口調が荒くなりましたが、この切実さを分かっていただけたら幸いです。