なぜ僕がメガネスタンドの購入を決意したか、の話

みなさんこんにちは。

何やら大仰なタイトルをつけてしまったのですが、とにかくこのメガネの画像を見てください。

f:id:suteneko3000:20170827200143j:plain

見ての通り、右側のつるが曲がってしまっています。

ベッドで横たわりながらスマホを見ていて、そのまま寝入ってしまい、気が付いたら背中でメガネを押しつぶしてしまっていた結果、このような無残な姿に。

JINSで直せないか相談

実はこれまでも何度かこのメガネを踏んでしまったことがありました。

ですが、その度に購入元のJINS PCさんの店舗に持ち込み、ほぼ元通りに直してもらっていたのです。しかもなんと無料で。

しかし今回ばかりは復元が不可能でした。

理由は、写真ではわかりませんが、メガネのつるに亀裂が入ってしまっており、無理に直そうとすると折れてしまう可能性が高いとのこと。

実は今回も直せると思っていただけに、結構ショックでした。

この程度のゆがみなら、気にせずそのままかけ続ければ? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、メガネってちょっとのゆがみも気になってとてもじゃないけど使い続けられる状態ではありませんでした。

結局新しく購入することに

皆さんお気づきでしょうが、このメガネのレンズはかなり色がついています。

これはパソコンやスマホなどから出るブルーライトを遮断してくれるメガネなのです。僕は会社から帰宅してから寝る直前まで電子機器をいじっているので、このメガネに代えてからかなり睡眠の質が改善しました。もはや生活の必需品と化していました。

当然かなり濃い色なので会社でかけることはできず、会社用の色がついていないメガネと併用していました。

ブルーライト遮断のこのメガネが壊れてから明らかに寝つきが悪くなったので、背に腹は代えられないと、新しくメガネを購入することにしました。

フレームはともかく、レンズだけでも流用できないかお店で聞いてみましたが、運の悪いことにこのタイプのレンズがつけられるフレームは、既に生産されていないとのことで、全てを新調することになってしまいました。計14,000円の痛い出費です(僕が悪いのでしかたがないのですが)。

メガネスタンドを購入した

さて、今回のことでさすがに反省した僕は、二度とメガネを床に落として傷つけたり、ましてや押しつぶしてしまわぬよう、対策を打つことにしました。それが、メガネスタンドの購入です。それがこちら。

f:id:suteneko3000:20170827202112j:plain

かなりシンプルな作りですが、中々おしゃれです。

中はこんな風になっています。

f:id:suteneko3000:20170827200203j:plain

ふわふわの繊維が入っていて、メガネを決して傷つけることはありません。

早速メガネを入れてみるとこんな感じ。

f:id:suteneko3000:20170827200157j:plain

挿入感は「フワッ」としていて、手でケースを抑えなくてもメガネを差し入れできます。これでもうメガネを床に落とすことはないでしょう。

始めからこれを購入していれば、無駄な出費は防げた……。

結論

普段から寝る時などにメガネを直接机の上に置いてしまっている方、よくそのまま滑り落ちて床に落ちてしまいませんか? そういうことが積み重なって、フレームのふちに細かい傷がついているメガネをかけている人って結構います。

周りの人はそういうのを意外とよく見ているので、早目にメガネスタンドを購入してメガネを保護した方が良いかもしれません。

それでは。