これからはモノをタダで手に入れる時代⁉

f:id:suteneko3000:20170914230233j:plain

先日とあるブログで紹介されていた書籍に興味を持ち、買ってみようとAmazonをのぞいてみると、定価980円でした。いつもだったら即ポチるのですが、ここでふと「メルカリ」で売られていないかと思い立ちます。メルカリに関しては以下の記事参照。

www.suteneko3000.com

メルカリで売られている商品は、ほとんどが定価より安く売られているし、僕は本を買うときは読めさえすれば商品状態はさほど気にしない性格です。

メルカリで検索してみると、案の定その書籍が定価より安い800円で売られていました。「ラッキー」と思い、メルカリで購入ボタンを押そうとしたとき、またふとあることが思い浮かびました。

この当時、「メルカリアッテ」というメルカリの姉妹アプリがリリースされた直後で、僕の携帯にダウンロードでメルカリで使える300ポイント(300円相当)ゲットのキャンペーンをしているという通知が来ていました。

300円ではこの書籍を買うための800円には到底届きません。しかし、メルカリアッテをインストールする際に、招待コードを入力するとさらに300ポイントが手に入るという事実を知りました。招待コードは、グーグルプレイストアや、その変のブログにもどこにでも書かれているので、簡単に手に入れることができます。僕は2~3分の作業でメルカリアッテのダウンロード及び利用登録(もちろん無料)さらに招待コードの入力を完了し、600ポイントを手に入れました。

さて、ここまでしてもまだ800円には届きません。残りの200円分は自腹を切ろうかとも思いましたが、ここまできたら何とか残り200ポイントを工面したい考え、僕はメルカリ特有の文化である「値切り交渉」を行うことにしました。

ようするに「800円の商品を600円にまけてちょ」ということです。

商品ページのコメント欄で素直に「ポイントが600ポイントだけあるんですが、600円なら即購入したい。値引きしてもらえませんか」と書くと、意外とすんなりと値引きに応じてもらえました。この商品の出品者がまだ取引数が少なかったことや、僕がほしかった商品が出品後1ヵ月以上売れていなかったことも功を奏したと思います。

かくして僕は、定価980円相当の書籍を実質タダで手に入れたのです。

頭を使う人と使わない人では大きく差がつく時代がくる

さて、僕がこの記事を書いたのは別に自慢をするためでもなんでもありません。ただ今回僕がほしかった本を手に入れるまでの一連の流れは、何も考えずに「ポチっていた」時の僕であれば、ただ980円を消費して終わっていたことは事実です。

インターネットがこれだけ発達して、そこから個人が受けられる恩恵は絶大なものになりました。今回僕が書籍をタダで手に入れられたこともその一例です。しかし、ネットがどれだけ人々に恩恵をもたらしていようとも、それに気づかない人はその恩恵にあずかることはできません。逆に気づいている人はその恩恵をどんどん利用して、着々と得をしているのです。

もちろん今回の僕の例では、僕の購入した商品の出品者が快く値引きを受け入れてくれた事が最大の要因です。しかし僕は何らの脅迫をした訳でもなく、コメント欄を使っての正攻法の交渉をしたまでであり、今回のことはその結果としての正当な利益だと思っています。

「気づかない」人の例

さて、ここでネットの恩恵に気づいていない人の例を紹介します。それは僕の両親です。初めに書いておきますが、僕は彼らを嘲り罵るためにこの例を出す訳ではなく、僕が感じた身近な例として出すだけですので勘違いしないようお願いいたします。

僕の両親は既に還暦を超えているのですが、最近新しくパソコンを買い替えました。そしてその際、古いパソコンから新しいパソコンに家族の旅行の写真のファイルを移そうとしていました。写真の容量はおよそ2ギガバイトです。

そのために彼らがとった行動は、家電量販店に行って必要な容量のUSBメモリを購入し、それを使って古いパソコンから新しいパソコンにファイルを移し替えるということでした。

ほとんどの方は気づいていると思いますが、たかが2ギガバイトの写真ファイルを一つのパソコンから別のパソコンに移し替えるだけなら、USBメモリを購入する必要性は一切ありません。

dropbox」なり「グーグルドライブ」なりのクラウドサービスを使えば、無料で手早くファイルの移動ができるのです。恐らく手慣れた人なら5分もかからないでしょう。

僕の両親はこれに気づいていなかったか、あるいは気づいていてもこの作業をするためのスキルがありませんでした。そのせいで、家電量販店に行くまでのガソリン代、USBメモリの購入費、そして何より貴重な時間を無駄に費やしてしまったのです。

もしかするとクラウドサービスを利用するとセキュリティリスクがあると考える人もいるかもしれませんが、ファイルを移し替えた直後に削除してしまえば、ほぼほぼノーリスクです。何よりセキュリティーの脆弱性の話をすれば、クラウドサービスそのものの存在意義を問うことになります。そもそも僕の両親がそこまで考えて動いていた可能性は皆無ですが……。

この件は、僕に一言相談してくれていれば、と今でも悔やまれる事例です。

自分の頭で考えよう

「ちきりん」っぽい見出しになってしまいましたが、まさにこれがこれからの時代重要だなと本当に思います。「お金」でも「時間」でも、手持ちの何らかの資源を投入する時に、インターネットを使って少しでも節約・効率化ができないかと考えて、これから僕は生きていこうと思います。

それでは。

鏡を見ながら歯磨きをする絶大なる効果を語る

f:id:suteneko3000:20170903222638j:plain

あなたは歯磨きをする時に鏡を見ながらしますでしょうか。

恐らくですが、そういう人はそんなにいないのではと思っています。子供のころに歯磨きの教育かなんかで鏡を使っていたとしても、大人になっても鏡を見ながら歯磨きをする人は驚くほどに少ないのだそうです。

かくいう僕も歯磨きをする時はテレビやパソコンで動画を見ながらだったので、鏡なんてまったく使っていませんでした。

しかし、最近とあるきっかけで鏡を見ながら歯磨きをしたところ、驚くほどに歯の「とぅるっとぅる感」が違ったのに衝撃を受け、こうしてここに記録を残したいと思います。

続きを読む

なぜ僕がメガネスタンドの購入を決意したか、の話

みなさんこんにちは。

何やら大仰なタイトルをつけてしまったのですが、とにかくこのメガネの画像を見てください。

f:id:suteneko3000:20170827200143j:plain

見ての通り、右側のつるが曲がってしまっています。

ベッドで横たわりながらスマホを見ていて、そのまま寝入ってしまい、気が付いたら背中でメガネを押しつぶしてしまっていた結果、このような無残な姿に。

JINSで直せないか相談

実はこれまでも何度かこのメガネを踏んでしまったことがありました。

ですが、その度に購入元のJINS PCさんの店舗に持ち込み、ほぼ元通りに直してもらっていたのです。しかもなんと無料で。

しかし今回ばかりは復元が不可能でした。

理由は、写真ではわかりませんが、メガネのつるに亀裂が入ってしまっており、無理に直そうとすると折れてしまう可能性が高いとのこと。

実は今回も直せると思っていただけに、結構ショックでした。

この程度のゆがみなら、気にせずそのままかけ続ければ? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、メガネってちょっとのゆがみも気になってとてもじゃないけど使い続けられる状態ではありませんでした。

結局新しく購入することに

皆さんお気づきでしょうが、このメガネのレンズはかなり色がついています。

これはパソコンやスマホなどから出るブルーライトを遮断してくれるメガネなのです。僕は会社から帰宅してから寝る直前まで電子機器をいじっているので、このメガネに代えてからかなり睡眠の質が改善しました。もはや生活の必需品と化していました。

当然かなり濃い色なので会社でかけることはできず、会社用の色がついていないメガネと併用していました。

ブルーライト遮断のこのメガネが壊れてから明らかに寝つきが悪くなったので、背に腹は代えられないと、新しくメガネを購入することにしました。

フレームはともかく、レンズだけでも流用できないかお店で聞いてみましたが、運の悪いことにこのタイプのレンズがつけられるフレームは、既に生産されていないとのことで、全てを新調することになってしまいました。計14,000円の痛い出費です(僕が悪いのでしかたがないのですが)。

メガネスタンドを購入した

さて、今回のことでさすがに反省した僕は、二度とメガネを床に落として傷つけたり、ましてや押しつぶしてしまわぬよう、対策を打つことにしました。それが、メガネスタンドの購入です。それがこちら。

f:id:suteneko3000:20170827202112j:plain

かなりシンプルな作りですが、中々おしゃれです。

中はこんな風になっています。

f:id:suteneko3000:20170827200203j:plain

ふわふわの繊維が入っていて、メガネを決して傷つけることはありません。

早速メガネを入れてみるとこんな感じ。

f:id:suteneko3000:20170827200157j:plain

挿入感は「フワッ」としていて、手でケースを抑えなくてもメガネを差し入れできます。これでもうメガネを床に落とすことはないでしょう。

始めからこれを購入していれば、無駄な出費は防げた……。

結論

普段から寝る時などにメガネを直接机の上に置いてしまっている方、よくそのまま滑り落ちて床に落ちてしまいませんか? そういうことが積み重なって、フレームのふちに細かい傷がついているメガネをかけている人って結構います。

周りの人はそういうのを意外とよく見ているので、早目にメガネスタンドを購入してメガネを保護した方が良いかもしれません。

それでは。

 

 

嫌いな本があるのは良いけど、なぜ周りにまで「読むな」というのか

かなり話題の時期に出遅れた感がありますが、2016年のベストセラー小説『君の膵臓を食べたい』を読みました。

僕は学生時代、小説を好んで読んでいたのですが、社会人になってからはもっぱらビジネス書や自己啓発本ばかりを好むようになりました。小説を読むのは実に1年ぶりくらいかもしれません。

続きを読む

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」書き写してみた Part⑥

書き写しも6日目に入り、自分が何のためにこんなことをしているのか分からなくなってきました。

「おまえ、めっちゃ時間を無駄にしているから」

「やめちまえよ、その間に他の小説を書いたほうが有意義だぞ」

悪魔の囁きが聞こえてきます。

「俺妹」の書き写しシリーズが急に途絶えたら、あ、途中でギブアップしやがったなこいつ、と、一生笑ってください。

書き写しをするにいたった経緯に関してはpart①からどうぞ。

suteneko3000.hatenablog.com

続きを読む

【不登校】が羨ましいって、ホントかよ?

学生時代、とある理由で学校に行けなくなったことがあります。

理由は、超個人的かつとても恥ずかしい事情だったため、当時のクラスメイトには誰にも説明ができませんでした。彼らは、それまで普通に学校に通っていた僕が、なぜ急に学校に来なくなったのか、まったく分からなかったでしょう。

学校に行かなくなった当初は、友達からSNSでメッセージがたくさん来ていました。その中には、心配してくれる声も多数ありましたが、「心配するフリをして、説教をかましてくるヤツ」もいました。

続きを読む

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」書き写してみた Part⑤

「俺妹」書き写しのpart⑤をお送りします。

書き写しも5日目を超えると、かなりダレが来ます。「こんなことして意味があるのか」という悪魔の囁きも聞こえるようになりますが、ここを乗り切れば完走まで行けるはず。がんばります。

書き写しをするにいたった経緯に関してはpart①からどうぞ。

suteneko3000.hatenablog.com

 

続きを読む